テレフォンクラブがもたらした社会への影響

2002年に風俗営業法の改正

テレフォンクラブがもたらした社会への影響 | 放火殺人事件に日本が激震 | 出張先で利用される

男女の出会いの場として1980~1990年代に流行したテレフォンクラブ(テレクラ)ですが、女子高生をはじめてとする未成年者による援助交際が問題となり、テレクラは援助交際の温床となっていると問題になりました。
当時を知っている人であれば、いたずら半分で電話を掛けた経験のある人も少なくありませんよね。
当時はインターネットはほとんど普及しておらず、携帯電話すらない時代のお話なので今と比較しても余り比較対象にはなりませんが、当時は信じられないくらい盛んに使われていたサービスです。
90年代に生まれたコギャルという言葉がありますが、コギャル達は面白半分・お小遣い稼ぎ半分でテレクラを利用していたため、行政としては規制せざるを得ない状況になりました。
援助交際の温床となっていたのは間違いありませんが、当時は漫画喫茶などもなく、終電を逃したサラリーマンなどがビジネスホテル代わりによく利用していました。

18歳以上の確認と深夜営業の規制

誰でも気軽に利用が出来ていたサービスが援助交際の温床ということが明るみになると、利用者の18歳以上であることの確認義務と2016年には深夜営業が規制されました。
結果的に利用者は更に激減していきます。
一番の激減の大きな理由は「インターネット型出会い系サービス」の出現で、わざわざ旧型の電話での出会いを求める人が減少したことも挙げられます。
援助交際の温床となっているのはもはや出会い系やマッチングサービスとなっていますが、成人同士の援助交際自体は違法ではない為、昨今の出会い系やマッチングサービスは無法地帯と化しています。
また、出会い系サービスではサクラが問題となり、出会い系の方も規制が入りました。
いかがわしい目的で利用する男女にとって逃げ場が無くなったようにも思えますが、その大多数がツーショットダイヤルと呼ばれる無店舗型テレクラサービスに移行しています。

自宅や外出先からも使える

ツーショットダイヤルは携帯電話・スマートフォンさえあればどこからでも利用することが出来るという利点があり、更に店舗型のテレクラ店は窮地に立たされていますが、全国各地にはまだ数店舗は現存しています。
店舗型テレクラ店のサービスは基本的に会って遊ぶ為の交渉の場でしたが、ツーショットダイヤルでは少し利用用途が異なっています。
テレフォンセックスをするサービスというのがメーンになっていて、いくつかのサイトでは店舗型テレクラ店のように会って遊ぶという使い方が出来るようになっています。
もはやテレクラやツーショットダイヤルを利用して援助交際をしようと考える人は少なくなっていますが、敢えて出会い系サービスではなく、こうした電話のサービスを利用して出会いを求める人もいます。
時代と共に移り変わりゆくのは自然なことながら、テレクラが社会に及ぼした影響は多大な物となっています。

🌴🦒テレクラジャングル🙊🌴
🐯さあ今すぐ テレクラ 体験を🦁
ひまつぶし悩み相談出会い探しも
今スグ!個室待機中の男性とお話
🍀女性無料🍀🔞全国🆗https://t.co/Jt9hdJAwqi
横浜大阪名古屋福岡神戸川崎京都さいたま広島仙台千葉北九州堺市新潟浜松熊本相模原岡山静岡船橋鹿児島川口八王子群馬東京 pic.twitter.com/xnjEvY1Pod

— 【公式】リアル☆ジャングル (@SepmaSarah) January 13, 2020
テレクラ検索 | テレクラサイトを使って異性との通話を楽しもう